ラインズ株式会社は、ICTを通じて「基礎学力向上」を支援します

TOP > 高校・大学・専門学校向け > ラインズSPI(大学・専門学校版/高校版)

ラインズSPI(大学・専門学校版/高校版)

就職試験対策の新ツール、いつでもどこでも
基礎から学んで得点力アップ

就職試験に必須の基礎学力を身につけるという観点から設計した筆記試験対策教材です。

SPIの「テストセンター」「WEBテスティング」だけでなく、「玉手箱」や「TG-WEB」の対策教材も収録。

コツが身につく試験分野別の解答テクニックも付いています。

スマートフォンやタブレットで利用でき、いつでもどこでも使えるツールです。

 

spi2.jpg

サービスの特長

基礎の基礎まで遡って弱点克服
SPIの非言語分野は、関連する算数・数学の基礎に遡れるリンクシステムで、基礎からしっかり対策できます。
  基礎の基礎まで遡って弱点克服
「SPI」の全てのテスト方式、「玉手箱」「TG-WEB」に対応

SPIは、マークシート方式だけでなく、近年主流となっている「テストセンター方式」や「WEBテスティング」の模擬テストを収録。更に、「玉手箱」「TG-WEB」の対策教材も収録しています。

  SPIの全てのテスト方式に対応
理解と定着を助ける豊富な教材群
合計24セット以上のSPI模擬テストの他、1500問を超える演習問題、32パターンに分類した解説教材を収録しています。
  理解と定着を助ける豊富な教材群

学習の流れ

学習の流れ

3パターンのSPI模擬テスト

マークシート(SPI模擬テスト)

マークシート

SPIの形式で主流の選択式のペーパーテスト。

テストセンター(SPI模擬テスト)

テストセンター

専用会場で受験する試験。問題ごとに制限時間が設定されており、慣れていないと対策がたてづらい。

WEBテスティング(SPI模擬テスト)
WEBテスティング

自宅や学校のPCから受ける試験。選択式ではなく、入力式の問題が多くなります。

よくある質問

  • どんなデバイスで利用できますか?
  • A マルチプラットフォーム対応です。パソコンはWindowsだけでなく、MACでもご利用いただけます。また、iOS、Androidに対応し、各種スマートフォン、タブレットでもご利用いただけます。(従来型携帯電話ではご利用いただけません。)
  • 学習者の成績一覧を見ることはできますか?
  • A

    専用の成績閲覧画面をご用意しています。学習者の成績や利用状況を詳細に把握できます。

    成績閲覧者や学習者のグループ分けも自在です。

  • SPI3に対応していますか?
  • A

    SPI3の能力試験(非言語分野、言語分野)の対策学習ができます。

    更に、SPI3のオプションである「構造的把握力」テストも収録しています。

  • 一斉模擬テストを実施したいのですが、このシステムでできますか?
  • A 集録している模擬テストは、設定により、特定の実施期間に1度だけ実施可能なテストとして提供することが可能です。一斉模試や、学生の実力測定等にご利用いただけます。
  • 実際に体験できますか?
  • A システムの導入をご検討いただく方のための、無料体験サイトをご用意しております。
    詳しくは弊社リメディアル教育グループまでお気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ
  • 教材・サービスに関するご質問、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
  • TEL:03-6861-6200 営業時間 8:45~17:45(平日)
  • お問い合わせフォームへ

その他の高校・大学・専門学校向けサービスを見る

ラインズドリル   ラインズSPI   CANOW