ラインズ株式会社は、ICTを通じて「基礎学力向上」を支援します

TOP > 安心でんしょばと > 導入事例 > きらら子どもの家学童クラブ 様

きらら子どもの家学童クラブ 様

神奈川県横浜市にあるきらら子どもの家学童クラブ様では、2013年4月より「安心でんしょばと」を導入いただいています。

 

「安心でんしょばと」を導入したことで「保護者に安心していただけるだけでなく、延長預かりの管理にも役立っている」と、大変ご好評をいただいています。

 

導入いただいた経緯や実際の運用の様子について、ご担当の先生にお話を伺いました。

 

 

 

(2016年6月取材)

 
  小馬教室様

保護者に安心を届けるだけでなく、

  業務効率化ツールとしても、役立っています

 

入退室時刻で延長預かりの管理

きらら子どもの家学童クラブ様では、延長預かりの管理を「安心でんしょばと」で行っています。

 

管理画面から、児童の入退室の記録を確認し、延長時間の計算をしています。

 

また、児童と同じようにスタッフにICカードを持たせることで、スタッフの出退勤管理としても活用されています。

  ICカードをタッチするだけですぐにメール配信
運用のひと工夫

さらに、連絡メール機能も活用しています。

 

(紙の)配布物のお知らせや月々のイベント情報、スタッフの急なお休み、天災等、様々なシーンで連絡メールを活用し、情報を発信しています。

 

連絡メールを配信する際には、基本的に全て「開封確認機能」を利用し、保護者のメール閲覧状況を確認しています。

また、天災時や引取訓練の際は「簡易アンケート機能」を用いて登所や引取訓練の有無を確認しています。

 

  運用のひと工夫

ご担当の先生のお話

 

オープン当時から、「お仕事をされている保護者へ『子どもたちが無事に教室まで到着した』という安心感をお届けしたい。」という想いがあり、入退室管理サービスの導入を検討していました。

 

その際、スタッフの子供が通学していた学校に「安心でんしょばと」が導入されており、保護者の立場でサービスの良さを実感していました。

 

様々な検討を行いましたが、最終的に公立学校で導入されているというサービスへの信頼と安心感が「安心でんしょばと」導入の決め手になりました。

 

「安心でんしょばと」を導入したことで、無事に子どもが登所したことをお知らせするだけでなく、1人で帰る子どもの帰宅時間の目安にもなるため、保護者からは「大変安心です」という声を多くいただきます。

 

また、子どもの滞在時間を管理画面からデータで抽出することができるため、保護者への延長預かりの報告が容易で、大変重宝しています。

  koumateacher.jpg

 

 


 

 運用事例 Top  へ

 

▶ 安心でんしょばと Top へ

 

 学童クラブ ページ  へ

 

  • お問い合わせ
  • 教材・サービスに関するご質問、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
  •  tohma_tel.jpg営業時間 8:45~17:45(平日)
  • お問い合わせフォームへ

その他の学習塾・民間教育機関向けサービスを見る

安心でんしょばと   過去問サーチ   CANOW
  NEWeドリル