ラインズ株式会社は、ICTを通じて「基礎学力向上」を支援します

プラスドリル

様々な施設・場面で活用できる
シンプルな自立学習支援デジタル教材

プラスドリルは、「自立学習支援」を目的に、学童クラブ・各種習い事教室・放課後等デイサービスなどの様々な施設で幅広くご利用いただけけるよう開発されたデジタルドリル教材です。

 

ICTの良さを生かしながらも、複雑な機能を廃して敢えてシンプルな作りとしているため、様々なご利用想定に組み合わせることが可能です。

 

サービスの特長

自立学習支援に特化したデジタル教材です
教材は小1~中3までの5科目対応です。児童・生徒が自力で学習できるよう、基礎内容に特化しています。また、解説教材やリトライ機能で、苦手な箇所も自力で学習できるようサポートしています。
 
学習へのモチベーションを高めることが可能です
児童・生徒は、自身の学習状況がすぐに分かります。成績が良ければ可愛いフェイスマークがつき、単元進捗も一目で確認できるため、学習へのモチベーションを高めることが可能です。
 

様々な施設・場面で活用できる教材です
シンプルな教材であるため、学童クラブや各種習い事教室での「すき間時間」を活用した自立演習や、放課後等デイサービスでの基礎学力養成など、様々な施設・場面で活用できます。
  課題出題機能で生徒一人ひとりの個別対応が可能です

コンテンツ

ドリル

ドリル

プラスドリルの核となるドリル問題です。

問題数は全ての教材で10問に設定されており、基礎学力を養成するのに充分な問題量を確保しています。

また全ての教材に「ヒント」「解説」が付属しており、間違えた問題も「リトライ」機能があるため、何度でも解きなおすことができます。

解説教材

解説教材

単元ごとに解説教材があります。

図やイラスト入りで分かりやすく基礎内容を確認でき、児童・生徒の自立学習をサポートします。

確認問題

確認問題

解説教材とセットになるものが、確認問題です。

解説教材を読んだ後、その場で知識の確認を行うことができます。

タブをクリックすることで、すぐに解説教材を確認できるため、児童・生徒自身で知識を確認しながら問題を進めることが可能です。

 
 
クリックすると、詳しい内容が左に表示されます。
ドリル
解説教材
確認問題
 

導入事例

  

只今、公開準備中です。公開までしばらくお待ちください。

 

 

よくある質問

  • プラスドリルは、どんなデバイスで動作しますか?
  • A マルチデバイス対応であるため、パソコンはもちろん、タブレット・スマートフォン(Android・i phone)でも使用することができます。
    ※オンライン教材のため、インターネット環境が必須です。
  • プラスドリルは、紙の教材ですか?
  • A プラスドリルは、デバイスの画面上で操作しながら問題を解き進めていくドリルですので、冊子やプリントなど紙の教材ではありません。
  • プラスドリルはどんな施設で利用できますか?
  • A 学童クラブ、各種習い事教室、放課後等デイサービスなどでのご利用を想定していますが、学習塾や公民館での学習等でご利用いただくことも可能です。ただし、学校ではご利用できません。
  • プラスドリルを体験してみたいのですが、どうすれば体験できますか?
  • A

    お問い合わせフォームよりお申込みいただくか、弊社民間教育グループまでお気軽にご連絡ください。折り返し、担当よりご連絡いたします。なお、体験に際して必要な機材等(タブレット・パソコン、インターネット回線)は事前にご準備ください。

  • 運用に必要な費用や、運用相談などをしたいのですが、どうすればよいですか?
  • A お問い合わせフォームからメッセージをお送りいただくか、弊社民間教育グループまでお気軽にご連絡ください。実際に施設・教室にお伺いしてのご説明・ご相談も承っております。
  • お問い合わせ
  • 教材・サービスに関するご質問、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
  •  tohma_tel.jpg営業時間 8:45~17:45(平日)
  • お問い合わせフォームへ

その他の学習塾・民間教育機関向けサービスを見る

安心でんしょばと   過去問サーチ   CANOW
  NEWeドリル