メインビジュアル

「売ってからが勝負」の営業活動
子どもたちの喜ぶ姿がモチベーションに

長谷川 優太
文教グループ
東京支店
仕事の内容
主に公立の小・中学校向けに当社の主力サービスである「ラインズeライブラリアドバンス」を提案する仕事です。
担当エリアの各自治体の教育委員会や小・中学校を訪問し、デモやプレゼンテーションを実施してサービスの魅力を伝え、
地域の販売店とも連携して営業を進めていきます。
導入後は、しっかりとご活用いただくために、先生向けの研修会や授業支援等のサポートを行うことも営業の重要な仕事です。
  • 多くの子どもたちの「学び」に関われる仕事

    大学では教育学部に在籍し教員免許も取得しましたが、「より多くの子どもたちと関わり、勉強が苦手な子どもたちに、学ぶキッカケを与えたい」との思いから、仕事選びの目を学校から民間企業に向けました。塾をはじめ、教材の出版社も含めて就職活動をする中で、ラインズに辿りつきました。入社後は、営業活動で想像以上に学校へ行く機会が多く、理想に近い形で働けています。
    画像1
  • 売った後、いかに活用してもらえるかが勝負

    現在は茨城県を担当し、週に3-4回は学校を訪問しています。新規に教材を販売するだけではなく、導入済の学校に対して活用促進することも重要な仕事です。ラインズの営業は「売って終わり」ではなく、「売ってからがスタート」であり「勝負」。ユーザーである子どもたちが商品を使って「楽しかった」「またやりたい」「勉強したい」と喜んでくれる姿を見るのは本当に楽しいし、それがやりがいになっています。
    画像2

一日のスケジュール

  • AM 8:45

    始業・直行連絡
    (一日のスケジュール確認)

  • AM 9:00

    現地到着、レンタカーで移動

  • AM 10:00

    学校訪問(小・中学校へ、eライブラリアドバンスの操作体験)、PC教室にて準備

  • AM 11:00

    eライブラリアドバンスの操作体験スタート
    (3、4時間目)

  • PM 1:00

    昼食

  • PM 2:00

    ユーザー自治体の教育委員会へ訪問
    (各学校の活用状況の報告など)

  • PM 3:00

    次の自治体へ移動

  • PM 4:00

    未導入自治体の教育委員会へ訪問
    (eライブラリの紹介、情報収集など)

  • PM 5:00

    上長へ終業報告(TEL)、明日以降の活動を確認

  • PM 5:45

    直帰

採用エントリーは
こちらから
ENTRY