ラインズ株式会社は、ICTを通じて「基礎学力向上」を支援します

TOP > 安心でんしょばと > 導入事例 > 育英珠算有玉中教場 様

育英珠算有玉中教場 様

静岡県浜松市にある育英珠算有玉中教場様では、近隣の初生教場様と合わせて、2017年9月より「安心でんしょばと」を導入いただいています。

「安心でんしょばと」を導入したことで、保護者の教室に対する信頼感が増したとのこと。

 

導入いただいた経緯や実際の運用の様子について、吉本晃久先生・吉本真澄先生にお話を伺いました。

 

 

(2018年4月取材)

 
 

■ 積極的な情報発信で保護者とのつながりが強くなりました

 

退室時のタッチを送迎の目安として活用

「安心でんしょばと」導入前は、生徒の送迎待ちの車で教室の前の道路が渋滞することがあり、地域住民に対して気を遣っていました。指導の特性上、退室の時間が日ごとに異なるため、時間が読めずに教室の前で車が溜まってしまいました。

 

しかし「安心でんしょばと」導入後は、生徒が退室時にカードをタッチした後で保護者が家を出ても、さほど待ち時間なく送迎に来ることができるので、結果的に送迎待ちの車の渋滞が大きく緩和され、保護者も時間を有効に活用できるようになりました。

 
連絡メールの活用

育英珠算有玉中教場様では、検定試験や競技のお知らせなどを、連絡メール機能を活用して保護者に伝えています。保護者に直接メールが届くので、教室からの情報を確実に保護者に伝えることができる点が大変魅力です。

 

特に台風などの緊急時のお知らせは大変重宝しています。何かあっても教室から随時情報が発信できるので、保護者だけでなく教室の立場でも安心感があります。

 

■ 吉本晃久 先生・吉本真澄 先生のお話

 

保護者に対しては、入学時に「安心でんしょばと」を導入していることを伝えています。大半の方から「助かります」とご好評いただいております。特に秋以降、日没が早くなる時期は教室への行き帰りが物騒になりますが、「安心でんしょばと」が保護者の不安感を解消してくれていると思います。

 

「安心でんしょばと」を導入して、生徒が入室・退室する度に保護者にメールが届くので、これまで以上に教室と保護者とのつながりが強くなったように感じています。また、システムや機械の不調がなく安定感があるので、大変満足しております。

 

 

■ 入退室時の様子(動画)

 

 

 


 

 運用事例 Top  へ

 

▶ 安心でんしょばと Top へ 

 

 習い事 ページ  へ

 

  • お問い合わせ
  • 教材・サービスに関するご質問、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
  •  tohma_tel.jpg営業時間 8:45~17:45(平日)
  • お問い合わせフォームへ

その他の学習塾・民間教育機関向けサービスを見る

安心でんしょばと   過去問サーチ   CANOW
  NEWeドリル